Ubisense Yard Management

屋内と屋外のどちらの保管エリアでも、仕掛品(WIP)をリアルタイムで見つけて管理します 

測位 

  • 正確な検索により、サイト全体に広く分散している完成品や未完成品を即座に見つけます 
  • ブラウザベースのリアルタイムマップを使用して、施設全体のすべての仕掛品(Work-In-ProgressWIP)を表示します 

管理 

  • 納期の遅れや製品の紛失損傷を防ぐために、経年劣化したり、置き忘れられたりした仕掛品に関するアラートを設定します。
  • 製品のリアルタイムの動きで現場のデジタルツインを作成し、プロセスのボトルネックを特定します 
  • ダッシュボードを使用して実際の空間使用率を経時的に追跡し、資本コストと運用コストを引き上げている原因を特定します 
お問い合わせ

仕掛品の位置の特定 

大量の完成品と未完成品がサイト全体に広く分散している状況では、資産を効果的に探し出し段取りすることが難しい場合があります。 紛失または置き忘れた仕掛品を探すのに無駄な時間を使うことがよくあります 

Ubisense Yard Managementは、無駄なサーチ時間を削減し、工程内の仕掛品が正しく配置されるように調整するのに役立ちます 

  • 施設のデジタルマップで完成品または未完成品をすばやく発見 
  • 製品の場所と状態に基づいて検索を行う
  • すべての仕掛品のリアルタイムの場所と状態を簡単に確認 
パンフレットをダウンロード
Yard Management Dashboard

仕掛品の優先順位付け 

UbisenseのYard Managementは、屋内と屋外の敷地の完全なデジタルツインを作成します実工程に基づく設定が可能なビジネスルール機能は仕掛品のリアルタイムの場所と状態をプランニングシステムのインテリジェンス(プロセス時間制限や製品配送スケジュールなど)と組み合わせることにより、製品とタスクに自動的に優先順位を付けてサイクルタイムを短縮し、目標を達成できます。 

  • 資産の種類、ステータス、処理時間、納品スケジュールなどの属性を使用して、検索結果に優先順位を付けます 
  • ビジネスルールを設定して担当者ガイドすることで、プロセスと仕掛品が確実に最適化されます
お問い合わせ

アラートの作成 

大量の完成品と未完成品がサイト全体に分散している繁忙な生産施設では、仕掛品を簡単に置き忘れたり紛失したりする可能性があり、損傷や納期の遅れのリスクが高まります。 

Ubisense Yard Managementは、仕掛品の置き忘れやポリシー違反を関係者に自動的に警告できます。

  • 製品の経年劣化や置き忘れに関するアラートを簡単にカスタマイズできます 
  • システムで直接フィードバックノートをキャプチャするオプションを使用して仕掛品をルーティングするためのプロンプト
ケーススタディ
Yard Management Dashboard

商用車の仕掛品の管理 

CLAAS社は、1913年に設立された家族経営の企業で、農業機械の世界有数のメーカーです。 

AXION 950-920、AXION 870-800、ARION 650-530、ARION 460-410、ATOS 350-220トラクターシリーズは、最高出力72~410 HPの性能をカバーしており、現在すべてルマンで生産されています 

CLAAS社は、現代の農業のニーズを満たすために、非常に幅広い車両モデルを用意しています ルマンの施設にUbisenseテクノロジーを導入することで、無駄を減らしながら複雑な製品をより効率的に生産出来るようになりました 

CLAAS社のプロダクションマネージャー、アルドリック・パベック氏 

なぜUbisenseか 

Ubisenseは、世界中の主要な企業と協力し、さまざまな実績のあるリアルタイム位置測位システム(RTLSテクノロジーを使用して現場の管理を改善し、次の成果を達成できることを誇りに思っています:

  • サーチ時間の無駄の排除 
  • リソースをより良く活用することで資本コストと運用コストを削減 
  • 生産性の向上と工程サイクルタイムの短縮 
当社の顧客

標準で搭載

図面またはCADファイルを使ってインポートされた施設のデジタルマップ 

共通スペースと工具タイプを表示する標準マップアイコン 

カスタムアイコン資産の写真に用意されたシンプルなインポート/スケール/オリエント機能。  

関連するプロパティとアイコン(製品、コンテナ、車両など)を使用して、さまざまな種類の資産を定義します

事前定義されたスペースタイプ(ワークステーション、ストア、バッファーなど)に加えて、一定数のユーザー定義タイプに基づいて、3Dで仮想スペースを作成します。 

使いやすいウェブフォーム、バーコードスキャンまたはCSVインポートを使用して、資産にタグを紐づけます。

空間内の資産の位置と向き的確に表示する機能で煩わしい位置のブレを除去します。

一般的なユースケース向けに事前設定された、検索とアラート:

  • 最後に確認された場所に資産がない(「紛失」)
  • 定義されたゾーンへの出入り(許可または禁止区域 
  • 最も近い資産(選択したタイプとプロパティにマッチする最も近くにある資産を検索 
  • 検索フィールドに資産のプロパティ(画像、ID、種類、参照、指定、ゾーン、可用性)を表示、テキストフィールドにはユーザーによる資産に関するコメントを入力できます 
  • 「固定」資産
  • タグのバッテリーステータス表示

一般的なユースケース向けに事前設定された、ウェブクライアントを介したレポート: 

  • 在庫期間、種類、場所別のすべての資産 
  • 定義された空間内での位置履歴と時刻 
  • タグバッテリーステータス(バッテリー電圧 
  • 位置と関連付けられていないタグ 
  • 最後に確認された資産の位置 
  • 在庫レポート 
  • 滞留時間を含む定義された空間ごとの資産の位置履歴 
  • 資産ごとの経時的な位置履歴(動きをデジタル地図上に表示 

オプション 

ビジネス要件に基づいたカスタムビルドのレポートとダッシュボード 

Ubisense

当社が貴社のビジネスの変革を
支援する方法

Ubisense SmartSpaceとSeries 9000を利用して、ビジネスの生産性、柔軟性、収益性、安全性を高める方法についてお問い合わせください。

お問い合わせ

HEAD OFFICE (UK)

UBISENSE LIMITED
ST ANDREW’S HOUSE
ST ANDREW’S ROAD
CHESTERTON
CAMBRIDGE, CB4 1DL
UNITED KINGDOM

+44 1223 53 5170

NORTH AMERICA

UBISENSE AMERICA LLC
1630 WELTON STREET, SUITE 1000E
DENVER, CO 80202
UNITED STATES

+1 720 549 7553

EUROPE

UBISENSE GMBH
FRANZ-RENNEFELD-WEG 6
40472 DÜSSELDORF
GERMANY

+49 211 229733-0

UBISENSE SAS
52 BOULEVARD DE SÉBASTOPOL
75003 PARIS
FRANCE

+33 1 83 79 06 82

 

APAC

UBISENSE JAPAN K.K.
INSPIRED.LAB.
OTEMACHI BUILDING 6F

OTEMACHI 1-6-1
CHIYODA-KU TOKYO

100-0004 JAPAN

+81 3 4577 8372