Ubisense Tool Management

屋内外の施設にかかわらず工具の使用状況をリアルタイムで把握し、調整し、コントロールするのに役立ちます。

お問い合わせ

測位

  • カスタマイズ可能な検索メニューと使いやすいブラウザベースのマップを使うことで、工具を探す無駄な時間を省きます。 
  •  作業で使用する工具や関連機器を正しく段取りすることにより、作業効率が向上します。

管理

  • メンテナンスが遅れている工具、決められた場所以外に保管されている工具、指定されたゾーン外に持ち出された工具など、工具の状態や場所に基づいて工具のアラートを作成します。
  • ダッシュボードを使用して、ツールが何処でどのくらい使用されたかを管理することで、メンテナンスや較正のスケジュールを確実に実施します。

工具の位置の特定 

複雑で人の手を要する工程の成否は、適切な工具と機器が適切な場所で適切なタイミングで利用できるかどうかにかかっています しばしば、工具は誤って使用されたり、正しい保管場所に戻されなかったりするため、紛失または損傷するリスクがあります。

Ubisense Tool Managementは、工具を探す無駄な時間を削減し、機器が正しく配置されるように調整するのに役立ちます。

  • 施設のデジタルマップで工具をすばやく見つける 
  • 工具の場所と状態に基づいて検索を行う 
  • すべての工具のリアルタイムの場所と状態を簡単に確認 
パンフレットをダウンロード
Locate Tools
Track Tool Status & Usage

工具の状態と使用状況を追跡する 

高価な共有機器がいつでも使用できるように適正に配置されていない可能性があります。そのため、機器の非効率的または誤った使用によりコストとエラーが増加する恐れがあります。

Ubisense Tool Managementは、重要なメンテナンスと較正がスケジュールどおりに行われ、工具が適切に配置および使用されることを保証し、品質と使用率を向上させます。 

  • メンテナンスまたは較正期限が過ぎても使用中の(またはその時機を逸した)工具や機器のアラートを簡単に作成できます。
  • 時間外および定義された空間内での実際の工具の使用に関するダッシュボードを利用して、機器を配置、管理、および調整するためのより良い方法を特定します
  • 実際の工具使用状況に基づいてメンテナンスをトリガーし、コストを削減して品質を向上させます 
お問い合わせ

工具の監査の自動化 

Ubisense Tool Managementは、工具のチェックイン、チェックアウト手順を自動化してエラーが発生しないようにし、運用する際の異物による損傷(Foreign Object Damage: FOD)を確実に避けるようにします。

  • 保管エリア内の工具のリアルタイムの位置に基づいた工具の自動チェックインとチェックアウトにより、工具のエラーを未然に防止 
  • 製造現場または保管場所にある機器のリアルタイムの在庫を確認することにより、シフト終了時の工具監査を簡単かつ迅速に完了 
  • 工具の置き忘れや紛失に基づく、潜在的なFODのアラートを設定 
ケーススタディ
Automate Tool Audits

なぜUbisenseか 

Ubisenseは、世界中の主要な組織と協力し、さまざまな実績のあるリアルタイム位置測位システムテクノロジーを使用してツールと機器の管理を改善し、次の成果を達成できることを誇りに思っています。 

  • 探す時間の無駄の排除 
  • 重要な機器の誤配置リスクまたは異物による損傷(FOD)の防止 
  • 生産性の向上と工程サイクルタイムの短縮 
  • リソースをより良く活用することで資本コストと運用コストを削減 
当社の顧客

標準で搭載

図面またはCADファイルを使ってインポートされた施設のデジタルマップ 

共通スペースと工具タイプを表示する標準マップアイコン 

カスタムアイコンと工具の写真取り込み用に用意されたシンプルなインポート/スケール/オリエント機能。

関連するプロパティとアイコン(工具、機器、コンテナなど)を使用して、さまざまな種類の資産を定義します。

事前定義されたスペースタイプ(ワークステーション、ストア、バッファーなど)に加えて、一定数のユーザー定義タイプに基づいて、3Dで仮想スペースを作成します。 

使いやすいウェブフォーム、バーコードスキャンまたはCSVインポートを使用して、資産にタグを手動で割り当てます 

空間内の工具の位置と向きを的確に描写する機能で、煩わしい位置データのブレを除去します。

一般的なユースケース向けに事前設定された、検索とアラート:

  • 最後に確認された場所に資産がない(「紛失」)
  • 定義されたゾーンへの出入り(許可または禁止 
  • 今すぐメンテナンスまたは較正が必要な資産
  • FOD用にMACアドレスに関連付けられたタグまたは関連付けられていないタグ 
  • 最も近い資産(選択したタイプとプロパティにマッチする最も近い資産を検索 
  • 検索フィールドに資産のプロパティ(画像、ID、種類、参照、指定、ゾーン、可用性)を表示、テキストフィールドにはユーザーが資産に関するコメントを入力可能
  • 固定」資産 
  • タグのバッテリーステータス表示

一般的なユースケース向けに事前設定された、ウェブクライアントを介したレポート:

  • 年数、種類、空間別のすべての資産 
  • 定義された空間内での位置履歴と時刻 
  • バッテリーステータスへのタグ付け(バッテリー低下に備えて 
  • 紐付けられていないタグ
  • 最後に確認された資産の位置 
  • すべての資産に関するメンテナンス日
  • 在庫レポート 
  • 滞留時間を含む定義された空間ごとの資産の位置履歴 
  • 資産ごとの経時的な位置履歴(動きをデジタルマップ上に表示)

CSVファイル、RDBMS統合、APIを介して、ツーリングデータベース、メンテナンス、較正/計測システムと統合する機能 

オプション 

ビジネス要件に基づいたカスタムビルドのレポートとダッシュボード

Ubisense

当社が貴社のビジネスの変革を
支援する方法

Ubisense SmartSpaceとSeries 9000を利用して、ビジネスの生産性、柔軟性、収益性、安全性を高める方法についてお問い合わせください。

お問い合わせ

HEAD OFFICE (UK)

UBISENSE LIMITED
ST ANDREW’S HOUSE
ST ANDREW’S ROAD
CHESTERTON
CAMBRIDGE, CB4 1DL
UNITED KINGDOM

+44 1223 53 5170

NORTH AMERICA

UBISENSE AMERICA LLC
1630 WELTON STREET, SUITE 1000E
DENVER, CO 80202
UNITED STATES

+1 720 549 7553

EUROPE

UBISENSE GMBH
FRANZ-RENNEFELD-WEG 6
40472 DÜSSELDORF
GERMANY

+49 211 229733-0

UBISENSE SAS
52 BOULEVARD DE SÉBASTOPOL
75003 PARIS
FRANCE

+33 1 83 79 06 82

 

APAC

UBISENSE JAPAN K.K.
INSPIRED.LAB.
OTEMACHI BUILDING 6F

OTEMACHI 1-6-1
CHIYODA-KU TOKYO

100-0004 JAPAN

+81 3 4577 8372